小学生からの子育て★親育て
 

めにゅ〜

>> 子供の性格

>> 最近の学校・先生

>> 最近のお勉強事情

>> 子供と遊ぼう!

 ├ゲームの善し悪し

 ├パパ、ママ
    子供の頃の遊び

 ├親子でアウトドア体験

 ├親子でゲーム

 ├親子でテーマパーク

 ├お友達と遊ぶ


>> 親(自分達)について

 ├お母さん頑張ろう!

 ├夫婦で仲良く


>> 管理人のご挨拶

※関連リンク※



>> ママと僕のあんしん
        防犯を考えるサイトです










 パパ・ママの子供の頃の遊び


自分たちが子供の時には、テレビゲームなんてなかったですよね!


えっ?あった??


それは、と〜〜っても若いお母さんお父さんですね〜〜。
(うらやましい...)


少なくとも、私の子供の時にはそんなゲームがなかったんです。


      じゃあ何で遊んでいたのか?


子供の頃を思い出して、どんな遊びをしていたか!
私はこんな風に遊んでいました!


遊び方に地域によっての違いはあると思います。
そんな方は、「家の方はこんな風に遊んでたよ〜」とかメール
教えてくださいな!

すぐにこのページで紹介しちゃいます!!


 
★外遊び編★

ドロケイ(またはケイドロ)
  泥棒と刑事役があり、刑事役は泥棒を捕まえて監獄に収容する。
  泥棒は、看守の隙を見て仲間を救出する。
缶けり
 鬼が缶を踏んで眼を閉じ、数を数える。
 オニ以外の人は、その間に隠れる。
 オニは隠れた人間を見つけながら、缶を守る。
 缶を蹴られたら、捕まえた人は逃げることができ、鬼はまた数を数えなおす。
花いちもんめ
 2チームに分かれて、横並びに手をつなぎ
 最初に代表者がじゃんけんをして、歌がはじまる。
  勝ち組:「勝〜って嬉しい花いちもんめ」
  負け組:「負け〜て悔しい花いちもんめ」
  勝ち組:「あの子が欲しい」
  負け組:「あの子じゃ分からん」
  両方:「相談しよう」「そうしよう」
 それぞれのチームで貰いたい子供を決める作戦会議。
  両方:「き〜まった」「○○ちゃんが欲しい」「○○ちゃんはあげない」
 また、じゃんけんをして、勝ったほうが、指名した子供を相手から
 貰うことができる。
高オニ
 オニが数を数えている間に、それぞれが高い場所に登る。
 オニに見つかった子供はオニが数を数えている間に、
 別の高い場所に移動しなければいけない。
 地面に着地した時に、オニにタッチされたら、アウト!
 全員が捕まるまで続く。
カラコン(うろ覚え)
 二手にチームを分け、じゃんけんをし、
 勝ったチームが特定の物の名前を決める。
  勝ち組:「カラコンカラコン。こんにちは」
  負け組:「お国は?」
 勝ち組は、特定のものを連想できる住所を言わなければいけない。
 例えば特定物が「すべりだい」の場合。
 「遊びの国。サの町。3丁目。5番地」
 (サ行の3番目の文字からはじまる、5文字の遊ぶものという意味)
 負けチームは、この情報から、特定物を推理する。


教室遊び、室内遊びなどこれから順次拡張します!

子供の頃遊んでいた情報大募集!!
メールでお知らせください。(ぺこり)

TOPへ

copyright(c)2004 One Step ago All Rights Reserved